2018年10月27日

裏磐梯は紅葉まっ盛りよ〜光るハート

『そうだ、曽原湖でボートに乗ってこよう!』

秋晴れの気持ちよい日に思い立って、裏磐梯に行ってきましたよ。

急いで七日町のパン屋さん『Shun シュン』で焼きたてのバゲットを買って、オリーブオイルをたっぷりパンに染み込ませ生ハムとアボカドとサラダ菜を挟んでお弁当に。
http://panfeelshun.jp(Shun シュン 会津で一番美味しいパン屋さん)

国民休暇村近くのレンゲ沼のベンチであったかい紅茶を飲みながらランチ。
米粉の入ったバゲットは、フランスパンほど硬くなくモチモチして噛めば噛むほど香ばしい味が出てきて、
ムフ〜なんて、美味しいの光るハート

IMG_0006.jpg

沼の周りは紅葉やススキですっかり秋色に。

IMG_0010.JPG

IMG_0012.JPG

腹ごしらえもしたし、さ〜、お楽しみの曽原湖のボートへ。

あり?ボート受付の店が閉まってる!
店の脇の自販機はビニールシートで包んでしっかりローブでしばり、生垣も雪囲いされて、、、大変な積雪の根雪に備えての冬支度。
えっ、もう営業は終了ですか・・・なんと、残念。。。

ノーテンキさんは、何年も前から、『曽原湖の真ん中にボートを漕ぎ出して、静かにボ〜ッとしていたい』という夢を持っていたのです。だって、曽原湖は小さな湖だけど、湖の周りの景色がヨーロッパ的で大好きなの。

IMG_0015.jpg

IMG_0021.JPG

ん〜。。。来年のお楽しみが一つできました。

裏磐梯には噴火の後にできたたくさんの湖沼があります。

カメラマンがいっぱいの曲沢(まがりさわ)沼へ。

木に絡まる蔦も真っ赤で美しい。

IMG_0026.JPG

IMG_0031.jpg

IMG_0029.JPG

鴨もいっぱい

IMG_0036.jpg

大沢沼は、超〜美しい!
見に来た人から、「わ〜キレイ!」と思わず声が上がります。

IMG_0053.jpg

IMG_0046.jpg

日差しはあっても風が冷たく身体が冷え切ってしまったので、裏磐梯レイクリゾートホテルで露天風呂に入ってヌクヌクになって帰ってきました。
あ〜そうか、ボートが終わってて救われたのね。でないとボートの上でガチガチ歯の根が合わないくらい震えてたかもね。

今が紅葉ピークの美しさ。那須も自然が美しかったけど、こんな紅葉を満喫できるなんて、会津に住んでてよかったな〜光るハート




ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト







 
posted by ミーチョにゃん at 14:33| Comment(0) | 自然はすてきだな〜♡

2018年10月21日

本道佳子さんのビーガンレッスン

日本のビーガン料理の第一人者、『本道佳子(ほんどうよしこ)』さんのビーガンレッスンが猪苗代の『アルパイン・ロッッジ』であったので参加してきました。

IMG_9946.jpg

ビーガン料理ってナニ?・・・
ビーガンとは、肉、卵、魚介類や、乳製品など、動物性のものを取らない菜食料理で、もともとはイギリスの『生命あるものを大切にしよう、生命をむやみに取らない』という考えから始まりました。

そして、本道さんは、「あっ、これは日本に来たらもっと穏やかなビーガンになる」と思ったのだそう。
日本らしいビーガン、昔のおばあちゃん達が食べていたものみたいな、身体にも地球にも優しいビーガンにね。
本道さんのビーガンは『和ビーガン』
これは、『平和』の和であり『調和』の和。日本は和の国ですもの。


5〜6年前に来日したロスのヒーラーから、「昨夜は素晴らしいレストランに行った!とっても美味しくて素晴らしいからぜひ行ってらっしゃい」と教えてもらったが、当時、本道さんが経営していた『湯島食堂』でした。
現在は、超人気だった『湯島食堂』を閉め、今年5月にはミラノのビーガン料里大会で準優勝したりと、世界中を飛び回って活躍されています。

『食を通して世界を平和に』という本道さんは、『国境なき料理団』の団長です。
https://www.cook-ambassador.com (国境なき料理団)
http://www.hondo-yoshiko.tokyo/index.html (本道佳子ホームページ)


料理が始まると、、、レシピなし、計量カップなし、の自由で大らかな感じで、次々と目にも美しいお料理が現れます。
超簡単な植物性マヨネーズの作り方や、バターを使わないタルトの作り方などを教わり、、、

「そこにあった野菜を手したんでナンにしようかな?」と、『レストラン・アルモンデ』のメニューが出来上がります。
『レストラン・アルモンデ』って?・・・レストラン・有るもので(ある野菜で)というイタリアン・ジョークも混ぜながら、アッと言う間に14品ものお料理が目の前に登場。

IMG_9955.JPGIMG_9964.JPG
赤いビーツで彩色されたポテトサラダ

IMG_9959.JPG
紫芋のマッシュには素揚げのメカブの髪飾り

IMG_9961.jpg
艶やかな紫キャベツには、食べられるバラの花のトッピング

IMG_9980.jpg
野菜の色をキレイに使い、食卓が華やかになる女子力いっぱいのお料理、幸せだな〜光るハート


『食を通して世界を平和に』・・・野菜料理は、宗教やお国が違っても誰もが食べられる。

美味しいものを食べると、気持ちがホッコリします。
特にビーガン料理は身体もハートも喜ぶ。身体もハートも喜べば、その人が発する波動はおだやかなものになる。そのおだやかな波動が周りに広がって、、、、世界は平和になっていくのでしょうね。

IMG_5786.JPG

「震災の炊き出しの時以来、久々に福島に来て、あれ、福島はこんなに元気になったんだって思いました。オリンピックの年に、皇居前の通りでみんなでテーブルを囲んで食事をする『平和のテーブル』ってのもいいなって思ってたけど、(原発事故で)世界中で有名になった『フクシマ』はこんなに元気になったんだよって世界にアピールする『平和のテーブル』を福島から始めましょうか!」との本道さんの提案に、みんなワ〜イ光るハート大賛成!

ビーガンレッスンを企画してくださった猪苗代のローフード Rawfood Kitchen hanaho の奈穗先生、ありがとうございます。
http://rawhanaho.com (ローフード・キッチン・ハナホ)


こんな感じで一人一人が喜んで楽しんで毎日を生きていると、楽しい波動が広がって、いつか世界はよくなっていくのでしょうね光るハート

ワクワク嬉しいナニかが始まりそう〜♫




ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト







 
posted by ミーチョにゃん at 20:54| Comment(0) | ビーガン・ローフード

2018年05月03日

那須の美味しいビーガンレストラン

ゴールデンウィークですね。
那須にお出かけの方に、ノーテンキさんオススメのレストランを。

★『 HIKARI SHOKUDO 』TEL:0287-79-9051
http://www.hikarishokudo.com/#top

IMG_6789.jpg

IMG_6786.jpg

東京でもなかなかない『ビーガンのレストラン』が、那須に!
ビーガンとは、お肉やお魚、卵、乳製品ほか、動物性のものを排除した食事で、体に優しい、動物にも優しい光るハート
ひかり食堂のビーガンは野菜からスパイスに至るまで、オーガニックなのもうれしい ♫

ノーテンキ漫画家は2年前に乳がんが発覚した時に、改めて毎日食べる食事の大切さを学んだのです。
http://miciodesign.sblo.jp/article/177883152.html?1525345053
(ノーテンクブログ・乳がんを愛して・わたしのエーデルワイスちゃん)

現代の日本人は、農薬や化学肥料を大量に使った栄養価がスカスカの野菜を食べていること。
http://miciodesign.sblo.jp/article/180322183.html?1525348904
(ノーテンキブログ・自然栽培で日本の大地を元気にしよ〜)
加工食品が多く酵素が不足していること。食品添加物まみれの市販のお菓子や食品類。お肉や養殖魚に餌として与えられた化学薬品や抗生物質。

もともとお肉を食べると胃がもたれたし、特に牛肉を食べるとお腹をこわしていたので、自然とお肉離れになりました。それでも友人や家族との食事などでは少しはいただくけど、野菜中心の食事だと体が喜んでいるのが分かったのです。

IMG_7044.jpg

『フィット・フォー・ライフ』は全世界で1300万部!の超〜ベストセラー。

目次の一部抜粋ね。
◯誰もが持っている自然治癒力の利用
◯人体の神秘と驚異の能力
◯食べ物が病気を引き起こす
◯「解毒と排泄」が健康と病気を支配する
◯食べ物は正しく組み合わせて食べること
◯どんな食べ物も果物の生命力にはかなわない
◯人体も地球も、70%は水である
◯体が求めているものは、果物と野菜の水分
◯生命力のある食べ物が、体を作る
◯「朝食信仰」の嘘
◯現代人はタンパク質を摂り過ぎている
◯ライオンが肉食動物を襲わない本当の理由
◯人間の体は肉を食べるようにはできていない
◯人間は3歳を過ぎると、牛乳を消化できない
◯食べ物だけでは補えない運動の効能
◯空気と太陽は生命の源
◯「体が真実だと信じているもの」に心は従う
◯サラダ・パワーとその無限の魅力
◯本書の実践は、「地球との共生」体験   
まだまだたくさんあって載せきれない(^_^;)、、、etc.etc.

『女性のためのナチュラル・ハイジーン』も、ローフード(生の、酵素が生きた食生活)を推奨しています。

50年ほど前アメリカでは、ガンや心臓病や生活習慣病で医療費が増大して国費を圧迫し、亡くなる人が多かった。
そこで上院栄養問題特別委員会が設立され、その原因を徹底調査したのが、『マクガバン・レポート』
それにより肉食中心の高カロリー高脂肪の誤った食生活の見直しがなされ、モデルとされたのが、日本の元禄時代以前の食事、野菜・豆・玄米などの自然な食事中心の生活でした。だからアメリカでは菜食主義やビーガンの人が多いんだね。結果、アメリカのガンで亡くなる人は減少しました。
日本は?・・・逆に年々ガンや生活習慣病で亡くなる人が右肩上がり!
至急、『食育』と『改革』をしないといけないんでない〜!


「HIKARI SHOKUDO」のランチメニューから
前菜
IMG_6779.jpg

メイン
IMG_6782.jpg

デザートとハーブティー
IMG_6784.jpg

食べ終わった後は、優しい美味しさに『うれしい〜』って体が喜んでいる。

お店の入ってすぐは、体に嬉しい食材や自家製ビーガンケーキも売られています。
IMG_6785.JPG

IMG_6787.jpg

IMG_6788.jpg

IMG_6790.jpg

不思議なのは、HIKARI SHOKUDOの店内にいると「ハッピ〜」ってワクワク楽しくなっちゃうのです光るハート



ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト







 
posted by ミーチョにゃん at 18:46| Comment(0) | ビーガン・ローフード