2016年11月30日

乳ガンを愛して・わたしのエーデルワイスちゃん-1

『フミちゃんはガンだよ』

・・・・3年前のことです、クタクタに疲れて実家のベッドに横たわり目をつぶっていた時に、優しい男性の声が聞こえました。

・・・えっ!誰!なんなの?・・・わたしはガンだって?

何年か前からわたしは、何かにつけてそういう声が聞こえるようになっていました。いや正確には、わたしの場合は聞こえるというより感じるという受け取り方ね。

え〜、なにそれ!怪しくな〜い?

はい、怪しいかも。ガンだなんて脅すようなことは今までのメッセージにはありませんでしたもの。

これは、『低級霊』の声を拾ってしまったのか〜と一瞬思ったけど、、、あの穏やかな優しい言い方は・・・

『はっ、お父さんだ!』

父はその2年前に亡くなっていたのだけど、小さい頃のわたしに話しかけていた言い方そっくりだったのです。

『お父さん、なんでわたしはガンなの?』・・・なんの返答もありません。

IMG_2553.JPG


その時のわたしは、人生の大どんでん返しの最中。(若い人へのアドバイス:どんでん返しってね、長い人生には何度もあるから面白いの、って終わってから言えるようになるのよ)

会津の一人暮らしの母が緊急入院!&2度の手術!で、急遽、東京を引き払い、病院通いと実家の掃除・整理の毎日。

『さ〜、ヒプノセラピストになったしいよいよこれからわたしプロジェクトが始まる』と東京でのこれからの夢にワクワクしていた矢先、全てがオシャカになって、心も体も疲れ果てていたのです。

http://miciodesign.sblo.jp/article/75742273.html?1480513999
(この時のブログ・ノーテンキさんの夏)
http://miciodesign.sblo.jp/article/77529509.html
(続きのブログ)


ブログでは、だいぶカラ元気に火をつけて明るく書いていましたが、実は、何をやっても楽しくない、テンションが上がらない、、、、プチ鬱状態だったの。


セルフヒプノでインナーチャイルドに会いに行きました。

キャピキャピ好奇心旺盛で楽しく飛び回っているティンカーベルのような子が、わたしのインナーチャイルド。
小さな鳥かごの中で、膝を抱えて暗くうつむいています。

「あれ、どうしたの?そんなカゴの中で?」

ティンク「あなたがこのカゴを作ったのよ」

「えっ!。。。。そうか〜。ごめんね。でも今は何をやっても気持ちが上がらないの。ごめんね。元に戻るまでもうちょっと待ってくれる?いつでも出入りできるように入り口を作ってあげる。いつでも自由に出られるからね」

IMG_8542.JPG

こんな感じで自分の気持ちを少しづつ戻して行ったのです。



その最中の『フミちゃんはガンだよ』のメッセージはずっと心の中で小さく引っかかっていて、

『そ〜だ、もう5年も乳ガン検診に行ってなかったから、今年は行こう』とこの春に上京したのでした。

長くなるから、今日はプロローグで次回に続くね。

『わたしのエーデルワイスちゃん』ってナンのこと?

IMG_5937.jpg

スイスの高原で楚々と咲いているエーデルワイスの花。

これも次回のお楽しみに〜光るハート




ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト








posted by ミーチョにゃん at 22:52| Comment(0) | 乳ガンを愛して