2017年01月22日

乳ガンを愛して・わたしのエーデルワイスちゃん-6

『ジャズシンガーの聖子ちゃん』


乳ガンと分かった時、『フミちゃん、ガンバって。。。』と、女の人の声を感じました。
誰?・・・あっ、聖子ちゃんだ!


7〜8年ほど前に、ノーテンキさんはジャズが歌いたくて、ジャズボーカルのレッスンに通っていたの。

IMG_6036.jpg

先生が日比谷公会堂のコンサートに出演するので見に行った時、いとこの聖子ちゃんと何十年ぶりに再会するのです。

わたしより10才ほど年下の聖子ちゃんは、ジャズシンガー。
舞台の袖で聞いた聖子ちゃんの歌は、、、なんて素敵なんだろ〜黄ハート
心にス〜ッと染み入るハートフルな声で歌う、『アメージング・グレース』

その日、日比谷公会堂のオーディエンスが選ぶ最優秀歌手に選ばれたのでした。

IMG_6045.jpg
(聖子ちゃんと愛犬チョビのジャズセッション)

その後何度かコンサートを聴きに行ったりしたけれど、しばらくして、聖子ちゃんから電話が。

「子宮ガンで入院してたの。
ずっと何年も子宮筋腫って言われ続けていたのがね、大学病院に行ったら、もう大きいガンで手術はできないと言われたの。入院している間ね、先生や看護婦さんから、『こんな明るいガン患者さんいない。聖子さんは、本当にガン患者なの〜?』って言われていたんだ〜、ケタケタケタ♫ でもさ、もう病院ではできる治療がありませんと出されちゃった〜。ケタケタケタ〜♫」

笑い上戸で『ケタ、ケタ、ケタ〜♫』といつも笑ってる聖子ちゃんは、飛び抜けて明るい性格で、多分深刻だったであろうガンを笑い飛ばしていたのです。

ヒプノセラピーを習い終えたばかりのわたしは、「聖子ちゃん、今度モニターやってね」「うん、実験くんになるなるケタケタケタ〜♫」
早速『暗示療法』を電話でやりました。
『ガンが治ってさ、わたしは、歌でたくさんの人を癒すんだ。ケタケタケタ〜♫』

「亡くなったお母さんがお金をたくさん残してくれたから、先進医療やるんだ」と言っていたのです。


その半年後、メールが・・・『フミちゃん、助けて!』
慌てて次の日、入院している病院へ。

病室に入ると、、、誰?、、、

骨と皮ばかりに痩せこけた聖子ちゃんが、ベッドに座っていたのです。

「最後の治療が一番辛かった。。。」

「じゃ、ソマティックヒーリングっていうね、体の中に入ってがん細胞をお掃除してキレイにするイメージをしようよ」
「うん、するする」
「どんな風にお掃除してるかな?」
「あのね、カーリングの時みたいに棒を持って床をシャカシャカってキレイにしてるの。イケメン君達がね。金髪のイケメン君も。。。」
「よかったね〜、聖子ちゃん、イケメン君大好きだもんね」

ソマティックヒーリングが終わると、聖子ちゃんは酸素吸入のチューブを外して、「あ〜、楽になった。フミちゃん、ありがと〜」と、ニコッといつもの笑顔で微笑んだのです。


その4日後、聖子ちゃんは魂の故郷へ帰って行きました。

あの時の聖子ちゃんの笑顔は、いつまでもわたしの心に残っているよ。
『フミちゃん、ガンバって』は聖子ちゃんからのエールだね。ありがと〜光るハート


IMG_6043.jpg

(聖子ちゃんと愛犬チョビの似顔絵・・・フラダンスも大好きだったね)



ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト















posted by ミーチョにゃん at 23:15| Comment(0) | 乳ガンを愛して

2017年01月07日

乳ガンを愛して・わたしのエーデルワイスちゃん-5

『手術室にモヒカン・マッチョマン現れる!』

2017年、あけましておめでとうございます
今年も素直に、まんまのノーテンキさんを表現していきますので、よろしくお願いします。

IMG_7810.JPG

今日はいよいよ7月末の手術の日の出来事を書きましょね。


手術衣に着替え、看護婦さんに案内されて手術室へ歩いていきます。
不思議なことにドキドキもしないし、手術への不安も何にもないの。

『わたしにとって最高最善の手術が行われました。ありがとうございます』と、レイキの光を手術室に送ります。

扉が開くと担当の女医さんと麻酔の男先生、看護婦さんがスタンバイしていらっしゃいます。
笑顔で、『よろしくお願いしま〜す』と挨拶。
手術台は幅が細いんだね、あら、枕は水まくらみたいな柔らかいドーナツ型だ・・・メガネなしの近眼目でチェクします。

手術台に乗るとすぐ、男先生が血圧を測ります。

『あれ!血圧高いね〜! 200の110だよ』
『え〜、そんなに高くなったことありません。いつもは135の85位です!』



自分でもびっくりしたと同時に、目をつぶると一瞬、『モヒカン頭に中国のベンパツのような長い三つ編みを後ろにたらした、筋肉隆々のマッチョな男性』の姿がパッと浮かびました。

上半身裸で下帯をつけ、腕には黒い革でできたプロテクターをつけている。
中央アジアかモンゴルの高原?

『最後まで諦めるもんか!最後の最後まで戦うんだ!』

マッチョマンは敵に捕らえられて、大きな荷車の車輪に両手両足くくりつけられている・・・過去世のわたし?

これから丘の真下にある味方の砦に荷車を突っ込んで、撃破しようとしてるんだ。

『諦めないぞ!』マッチョマンは、体をくねらせてもがいている。

IMG_3287.JPG

『あ〜、、、、戦う過去世の自分が出てきたんだね。もう戦わなくてもいいんだよ。もう。。戦いは終わった。。んだ。。よ。。。。』スト〜ンと麻酔で眠りに落ちていきました。

麻酔が効くまでのほんの短い時間に、平常心とは裏腹な、肉体の気持ち=戦うマッチョマンが現れたのです。

だから血圧が超高くなったんだ。。。身体は正直なんだ。。。


『ホコヤマさ〜ん、終わりましたよ。乳首もリンパも大丈夫でしたよ〜』
先生の声で麻酔から覚めて目を開けたら、、、、

手術室がまぶしいくらいキラキラ金色に輝いていました。

IMG_1700.jpg

ヒプノセラピスト&ヒーラー仲間のミワちゃんが、

『フミちゃんの手術の日に、手術室に、執刀医のドクターに、看護婦さんスタッフ、手術台、器具、道具類、病院全体に、フミちゃんの家族すべてに、愛の光を送るね。
わたしの時もマナちゃんがそうしてくれたの。嬉しかったし元気が出たし、おかげで術後の回復がよかったのよ。
大いなる宇宙の愛のもと、最高最善の手術が愛の光に包まれて行われますように』と愛の光を送ってくれたから、

そしてヒプノセラピスト仲間のウーちゃんも『遠隔でレイキヒーリングの光を送るね』と、

そのほか今回の乳ガン入院でたくさんの仲間が愛の光を送ってくれたから、こんなに神々しくキラキラ輝く光に満たされていたのです。


ありがと〜みんな、ありがと〜先生、ありがと〜わたしのエーデルワイスちゃん光るハート



次の日の朝、夢に『モヒカン・マッチョマン』が出てきました。

マッチョなお兄さんたち4〜5人と一緒に、ハッピを着て居酒屋のチラシを手に、ニコニコ楽しそうに宣伝をしています。

よかったね。もう戦いは終わったね。平和な幸せな時代に生きているってステキだね。


IMG_3140.JPG





ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト











posted by ミーチョにゃん at 00:26| Comment(0) | 乳ガンを愛して