2018年10月27日

裏磐梯は紅葉まっ盛りよ〜光るハート

『そうだ、曽原湖でボートに乗ってこよう!』

秋晴れの気持ちよい日に思い立って、裏磐梯に行ってきましたよ。

急いで七日町のパン屋さん『Shun シュン』で焼きたてのバゲットを買って、オリーブオイルをたっぷりパンに染み込ませ生ハムとアボカドとサラダ菜を挟んでお弁当に。
http://panfeelshun.jp(Shun シュン 会津で一番美味しいパン屋さん)

国民休暇村近くのレンゲ沼のベンチであったかい紅茶を飲みながらランチ。
米粉の入ったバゲットは、フランスパンほど硬くなくモチモチして噛めば噛むほど香ばしい味が出てきて、
ムフ〜なんて、美味しいの光るハート

IMG_0006.jpg

沼の周りは紅葉やススキですっかり秋色に。

IMG_0010.JPG

IMG_0012.JPG

腹ごしらえもしたし、さ〜、お楽しみの曽原湖のボートへ。

あり?ボート受付の店が閉まってる!
店の脇の自販機はビニールシートで包んでしっかりローブでしばり、生垣も雪囲いされて、、、大変な積雪の根雪に備えての冬支度。
えっ、もう営業は終了ですか・・・なんと、残念。。。

ノーテンキさんは、何年も前から、『曽原湖の真ん中にボートを漕ぎ出して、静かにボ〜ッとしていたい』という夢を持っていたのです。だって、曽原湖は小さな湖だけど、湖の周りの景色がヨーロッパ的で大好きなの。

IMG_0015.jpg

IMG_0021.JPG

ん〜。。。来年のお楽しみが一つできました。

裏磐梯には噴火の後にできたたくさんの湖沼があります。

カメラマンがいっぱいの曲沢(まがりさわ)沼へ。

木に絡まる蔦も真っ赤で美しい。

IMG_0026.JPG

IMG_0031.jpg

IMG_0029.JPG

鴨もいっぱい

IMG_0036.jpg

大沢沼は、超〜美しい!
見に来た人から、「わ〜キレイ!」と思わず声が上がります。

IMG_0053.jpg

IMG_0046.jpg

日差しはあっても風が冷たく身体が冷え切ってしまったので、裏磐梯レイクリゾートホテルで露天風呂に入ってヌクヌクになって帰ってきました。
あ〜そうか、ボートが終わってて救われたのね。でないとボートの上でガチガチ歯の根が合わないくらい震えてたかもね。

今が紅葉ピークの美しさ。那須も自然が美しかったけど、こんな紅葉を満喫できるなんて、会津に住んでてよかったな〜光るハート




ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト







 
posted by ミーチョにゃん at 14:33| Comment(0) | 自然はすてきだな〜♡

2018年10月21日

本道佳子さんのビーガンレッスン

日本のビーガン料理の第一人者、『本道佳子(ほんどうよしこ)』さんのビーガンレッスンが猪苗代の『アルパイン・ロッッジ』であったので参加してきました。

IMG_9946.jpg

ビーガン料理ってナニ?・・・
ビーガンとは、肉、卵、魚介類や、乳製品など、動物性のものを取らない菜食料理で、もともとはイギリスの『生命あるものを大切にしよう、生命をむやみに取らない』という考えから始まりました。

そして、本道さんは、「あっ、これは日本に来たらもっと穏やかなビーガンになる」と思ったのだそう。
日本らしいビーガン、昔のおばあちゃん達が食べていたものみたいな、身体にも地球にも優しいビーガンにね。
本道さんのビーガンは『和ビーガン』
これは、『平和』の和であり『調和』の和。日本は和の国ですもの。


5〜6年前に来日したロスのヒーラーから、「昨夜は素晴らしいレストランに行った!とっても美味しくて素晴らしいからぜひ行ってらっしゃい」と教えてもらったが、当時、本道さんが経営していた『湯島食堂』でした。
現在は、超人気だった『湯島食堂』を閉め、今年5月にはミラノのビーガン料里大会で準優勝したりと、世界中を飛び回って活躍されています。

『食を通して世界を平和に』という本道さんは、『国境なき料理団』の団長です。
https://www.cook-ambassador.com (国境なき料理団)
http://www.hondo-yoshiko.tokyo/index.html (本道佳子ホームページ)


料理が始まると、、、レシピなし、計量カップなし、の自由で大らかな感じで、次々と目にも美しいお料理が現れます。
超簡単な植物性マヨネーズの作り方や、バターを使わないタルトの作り方などを教わり、、、

「そこにあった野菜を手したんでナンにしようかな?」と、『レストラン・アルモンデ』のメニューが出来上がります。
『レストラン・アルモンデ』って?・・・レストラン・有るもので(ある野菜で)というイタリアン・ジョークも混ぜながら、アッと言う間に14品ものお料理が目の前に登場。

IMG_9955.JPGIMG_9964.JPG
赤いビーツで彩色されたポテトサラダ

IMG_9959.JPG
紫芋のマッシュには素揚げのメカブの髪飾り

IMG_9961.jpg
艶やかな紫キャベツには、食べられるバラの花のトッピング

IMG_9980.jpg
野菜の色をキレイに使い、食卓が華やかになる女子力いっぱいのお料理、幸せだな〜光るハート


『食を通して世界を平和に』・・・野菜料理は、宗教やお国が違っても誰もが食べられる。

美味しいものを食べると、気持ちがホッコリします。
特にビーガン料理は身体もハートも喜ぶ。身体もハートも喜べば、その人が発する波動はおだやかなものになる。そのおだやかな波動が周りに広がって、、、、世界は平和になっていくのでしょうね。

IMG_5786.JPG

「震災の炊き出しの時以来、久々に福島に来て、あれ、福島はこんなに元気になったんだって思いました。オリンピックの年に、皇居前の通りでみんなでテーブルを囲んで食事をする『平和のテーブル』ってのもいいなって思ってたけど、(原発事故で)世界中で有名になった『フクシマ』はこんなに元気になったんだよって世界にアピールする『平和のテーブル』を福島から始めましょうか!」との本道さんの提案に、みんなワ〜イ光るハート大賛成!

ビーガンレッスンを企画してくださった猪苗代のローフード Rawfood Kitchen hanaho の奈穗先生、ありがとうございます。
http://rawhanaho.com (ローフード・キッチン・ハナホ)


こんな感じで一人一人が喜んで楽しんで毎日を生きていると、楽しい波動が広がって、いつか世界はよくなっていくのでしょうね光るハート

ワクワク嬉しいナニかが始まりそう〜♫




ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト







 
posted by ミーチョにゃん at 20:54| Comment(0) | ビーガン・ローフード