2015年11月23日

京都の金戒光明寺は、紅葉まっさかり〜

昨年の『京都鞍馬スピ旅』に続いて、チベットの女神ちゃんとバラの女神ちゃんに誘われて、『吉野の大人旅』に出かけました。

吉野に行く前日に、ひとり京都へ。
宿が『金戒光明寺』の近くだったので、、、、そうだ、またいい香りのする『文殊菩薩さま』のお守りをいただいてきましょ。

IMG_4528.jpg

ちょうど12月6日まで、特別公開でお庭と山門に入ることができるって、ラッキ〜♡
御影堂に上がり、運慶作の美しい『文殊菩薩さま』にお目通りして、いつもは入れない奥へ、、、、

ん?廊下の古い写真は、、、NHK大河ドラマ『八重の桜』の主人公『新島八重』、明治期のもうおばあちゃんになった八重や会津の殿様のご子孫、会津関係の人たちの集合写真がありました。

辛い悲しい戊辰戦争の傷跡から、もうすっかり浄化が終わった会津からやって来ました。
http://miciodesign.sblo.jp/article/164933361.html?1448288723 
(ノーテンキブログ・晴れやかに天の岩戸が開かれたよ〜)

あれ?今回の京都は八重さんのお招きですか?

IMG_4532.jpg

白い砂に紅葉が映える『紫雲の庭』の枯山水、会津のお殿様もご覧になったのかしらね。

IMG_4536.jpg

金戒光明寺は、幕末(1862年)に京都守護職を命ぜられた会津藩主『松平容保』公が、1000名の会津藩兵を引き連れて駐屯したお寺。京都御所にもすぐ近い小高い丘にある要塞のようなこの寺を本陣として、新撰組と一緒に幕末の荒れる京都の治安を守ったのです。

お庭にはお茶室が、、、『ここでお抹茶をいただいていきなさいな、、』・・・ん?八重さん?

IMG_4537.jpg

お抹茶と一緒に出されたお菓子は、、、、『八重』。。。やっぱり。

『俵屋吉富さんで限定で売り出したのですが、評判がよくて継続して売られています』とお抹茶を点ててくださった女性が説明してくだはりました。

ここまで来たので、また『会津藩兵の墓所』にお参りしてきます。
『会津もすっかり浄化が済んで、明るく爽やかなエネルギーになりました。京都のこの墓所も会津とつながっています。安らかにお休みくださいね』

IMG_4549.JPG

お参りしている最中に、お坊さんの読経の声が。。。
近くの墓所で人形劇団の人達による『人形の精霊さんの供養』が行われていました。
ロシアの君、ステキだね。平和な現代はいいね♡

IMG_4558.JPG

山門に登ると、京都の街中が見渡せます。

IMG_4526.jpg

てっぺんのお堂には、釈迦如来、普賢菩薩、文殊菩薩の、丸い金色の後光に輝く釈迦三尊像がおわしました。

お釈迦様!、、、昨夜、お風呂で『明日は京都に行きます。よろしくお願いします』とお祈りした時に現れた、冠をかぶった金色の丸い光の存在は、お釈迦さまだったのですね〜!

『ここの釈迦三尊像は冠をかぶっていらっしゃるんですね』と、お堂で説明をしていたおじさんに聞いたら、
『そうです。冠をつけているのは珍しいですね』と。

『会津から来たんです』

『あっ、そうですか〜。私ら京都の人間は会津にとても感謝しています〜。大変だった京都をよくしてくれたのは、会津です。ご宸翰(ごしんかん=天皇からの手紙)をいただいたのは、会津の殿様だけです。綾瀬はるかさんの講演会に行きましたが、はるかさんは『会津の心に感動した』と言うてはりました。それを聞いて、会津の心に私らも感動しました〜』

思いがけなく、金戒光明寺の山門の上で、会津へのお礼を京都の方からいただきました。

会津『鶴ヶ城』の博物館には、孝明天皇から頂いたこのご宸翰が展示してあります。
長州藩を京都から追い出した深夜、密かに呼び寄せて容保公にお渡しになったと。

『たやすからざる世に、武士の忠誠のこころをよろこびてよめる、、、略』
武士も朝廷も心を合わせてよい世の中を作りましょう、と。

『賊軍』の汚名を着せられた会津の無念、悲しみ、苦しみの歴史は、この京都を見下ろす山門のお堂から、お釈迦さまの明るい光のエネルギーに変換されて京都に広がっていったよ〜♡

IMG_3903.JPG




ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト











posted by ミーチョにゃん at 23:23| Comment(0) | ノーテンキ旅(国内編)

2014年11月22日

続々京都スピ旅・天橋立で、古代からの神様の愛を感じたのよ〜

2人の女神ちゃんと分かれて、ノーテンキ漫画家は一人、昔から行きたいと思っていた天橋立へ向かいました。

翌朝、8時すぎの連絡船で対岸の『籠(この)神社』と『眞名井神社』へ行きましょね。

ホテルの車が『文殊堂』まで送ってくれ、『船着き場は文殊堂のすぐ脇だから、時間があったら見るといいですよ』と運転手さん。
ラッキ〜、ノーテンキさんはウサギ年生まれ。
思いがけず、守り本尊の『文殊菩薩さま』にご挨拶します。

IMG_1887.JPG

『いつも暖かくお守りお導き下さいましてありがとうございます』
・・・『これからも、さらなる叡智を授けましょう』と言われたような、感じたような・・・嬉しい〜♡

IMG_1893.JPG
船上から見る天橋立
IMG_1907.JPG

船着き場からまっすぐの籠神社の参道へ。

IMG_1912.JPG

IMG_1913.JPG

IMG_1914.JPG

参拝を済ませ、ノーテンキさんは、ナンだか分からないけど、と〜っても奥の院の『眞名井神社』に惹かれていたので、社務所の巫女さんに小さな地図をもらって歩きます。

周りの畑の景色を眺めながら約10分、のどかな山道に入って、、、、

IMG_1917.JPG

IMG_1920.JPG

狛犬じゃなくて『狛龍』が守っていらっしゃるの、ナンて素敵♡ 龍ちゃん大好きノーテンキ頭です♪

IMG_1921.JPG

IMG_1922.JPG

御霊水『天の真名井の水』

IMG_1923.JPG

ポリタンクに水を汲み終わったエプロン姿の女性がいただけで、だれもいないので、、、、
柄杓から手にすくって何杯もいただきます。おいしい。胃袋にす〜っと沁みわたります。

石段を登り、
IMG_1924.JPG
これより先、撮影禁止
IMG_1925.JPG

石段を登りきると、清々しさに満ちた御神域が。

撮影禁止だからしばらく『ノーテンキ文』にて想像して下さいまし。

先ほどのエプロンの女性が降りて行った後は、シ〜ン、だれもいません。

フフフ、ノーテンキさんはね、世界中どこでも自分にとって大切な場所では、『そして誰もいなくなった・・・』という『時空のエアポケット』とよんでるんだけどね、、、、しばらくの間たった一人でその場を充分に堪能できるという現象が起きるのです。

奥の院の『眞名井神社』は、伊勢に移られるまで『豊受大神』と『天照大神』が一緒に祀られていた所で、『元伊勢』・伊勢の故郷といわれているのです。今は豊受大神が御祀神。『天照大神さまの食を司る豊受大神は、五穀豊穣・衣食住・水の徳を司り、織物の祖神で、生命の守護神、豊かさをもたらす神様』

あれ、神社の真後ろに2つ石の鳥居が!

ノーテンキさんは好奇心旺盛なので、神社の裏ってどうなってるのかな〜と、のぞくのが好きなのね。

鳥居の右脇には、『天御中主大神』(宇宙の根源の神様・・・中世の伊勢神道では、豊受大神の別名とか)と左には『天照大神』の石碑が建っています。

そして鳥居の後には大きな岩がデ〜ンとおわしまして、岩には太い木が何本も、まるで熱帯雨林のガジュマルのようにからみながらすっくと立って繁っているのです。
『古代祭祀あと』と標識が。
後で分かった事に、イザナギ・イザナミの日本の生みの親の神様もそこに祀られていらっしゃるとか。
縄文時代後期の祭祀あと。

あ〜、なんてステキなの。ノーテンキさんが大好きな日本の神々が勢揃いではありませんか!

『豊受大神さま、天のみなかぬしの大神さま、天照大神さま、いつもお守り・お導きくださいましてありがとうございます。ここに来れました事を感謝します。これから皆様方と大きく力を合わせて歩んでいけますことを、とてもありがたく感謝します。

愛と喜びと美しさ、そして本来の意味の豊かさに満たされた地球となりますように、、、』

・・・・誰もいないので、、、両手を天に上げてお祈りします。

と、お祈りの言葉が終わると同時に、間髪をいれずに、、、ポタッ!

・・・上の樹木から、夕べの雨のしずくがノーテンキさんの左手の平の真ん中に!
・・・鞍馬山でビリビリと宇宙のエネルギーをいただいた手のひらの真ん中に!

『よっしゃ〜、まかせなさいね!』と合図をいただいたようで、うれし〜♡


神社脇の『産(うぶ)だらい』の大岩からは、

『地球に産まれ来る者に、祝福を。
        闇から光へ戻り来る者に、祝福を。
             あなた方が創造するものに、祝福を』

・・・涙が出てしまった。。。祝福のメッセージをいただきました。


やわらかなエネルギーに満たされた御神域。いつまでもいつまでもそこにいたかった〜。
やっぱり『眞名井神社』は来るべきとこだったんだと分かり、納得。

石段を下りる時、ふと手のひらを見たら金色に輝いていたの。やったね!♡
ナニ?金色の手のひらの写真は、って?・・・フフフ、年相応のシワシワ手なので、掲載禁止にしました。


さ〜、ここからノーテンキさんが大好きな『ナ・ゾ・ト・キ』

『籠神社』って最初に読めなくて、『かご神社?』と思っていたの。
『この神社』の籠の文字って、『籠目(かごめ)』のかごの文字だよね。

童謡『か〜ごめ、か〜ごめ、か〜ごのな〜かの鳥は〜、いついつ出やる〜、月夜の晩に、鶴と亀が出会った〜後ろの正面だ〜れ』

意味分かんないで小さい頃歌っていたけど、ナンだか奥に謎解きの意味が潜んでいるような。。。。


そういえば眞名井神社の紋は、今は3つ巴紋だけど、昔の石碑には六芒星(籠目紋)が描かれていたのに、変えちゃったと。なんで〜?

IMG_1919.JPG

鞍馬温泉でね、『古代チベットの女神ちゃん』から、昔むかし、ユダヤの民が『不老長寿』の薬を求めて、大陸をこえて日本に渡ったのではなかろうかとレクチャーを受けてたの。


☆ノーテンキ流謎解き

その1:だからユダヤの『ダビデの星=六芒星』が日本にもあるのではなかろうかと。

その2:『天の真名井の水』の『マナ』とは、キリスト教では『天から降ってきた神聖な食べ物』の意味。

その3:ふむ、『真名井神社』の豊受大神も、食べ物を司る。

その4:う〜む、鞍馬山の天狗さんは鼻が高くて赤い顔。これって白人系の外人さんではなかろかね〜。

その5:あっ、赤鬼もそうかも。

その6:『籠』って字は、竹かんむりに龍だよね。水の神、龍が竹の中『籠目』に封印されてる?

その7:封印を解かれた龍神さまは、ナニをなさる?・・・水の神様だから、水で浄化なさる?


う〜む、『真名井の水』のすぐ脇には『波せき地蔵』が祀られていました。
ナニナニ、今から1300年も前の大地震の時、大津波がここまで押し寄せてきて、おり返したと。
なに?・・・立て札の最後には、意味深な歌が。

『2500年(ふたちいほ)鎮まる神の神はかり、百(もも)の御生(みあ)れの時ぞ近づく』と。

IMG_1933.JPG

そばの竹林には、美しく青々とした葉にに木漏れ日がきらめいていました。

IMG_1934.JPG

地球が自浄モードに入ったのはナンとなく感じます。

わたし達人間は、なんどもなんども生まれ変わり、『地球のお母さん』の懐で愛を学んで魂を成長させてきた。

いたずらに不安におののくではなく、地球を心から愛し、自然を愛し、昔の人達のように神々(自然)を敬って、一緒に生きて行くのが大事なんかなと思います。

昨年行ったハワイ島では、今、キラウェア火山の活動が活発化して、流れる溶岩に村が飲み込まれる状態とか。
でも『火山の女神ペレ』を敬っているハワイの人達は、、、、村に迫る溶岩に水をかけてストップさせよ〜なんて自然にあらがう事をいっさいせず、『ペレの思し召しなら仕方がない。我々はペレの土地に住まわせてもらってるからね』と避難していると。

http://miciodesign.sblo.jp/article/79374891.html?1416645985
(ノーテンキブログ・女神ペレに挨拶してきました〜)

わたし達はこの地球に、自然界に、居候させていただいてるんだものね。


展望台から眺めた天橋立の美しいこと。自然の作りたもう造形美はパーフェクトね。

IMG_1962.JPG


今回のと〜っても長いブログを最後まで読んでいただいて、感謝です♡
なに?謎解きは中途半端って?・・・・フフフ、いつか解けたらブログにアップするので、これからもよろしくね。



ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト









posted by ミーチョにゃん at 16:48| Comment(0) | ノーテンキ旅(国内編)

2014年11月19日

京都からマリア様がやってきたのよ〜♡

鞍馬のお山に癒された次の日、今日も快晴〜♡
わ〜い、駅に待っていたのは『叡山電鉄』の『きらら』♪
IMG_1857.JPG

きのう来る時にすれ違い、『あ〜、あの展望車いいね〜』と羨ましく見送っていたの。
ラッキ〜、ガラすきね。

IMG_1856.JPG

『出町柳』の乗り換えのコンコースには『鞍馬の火祭り』の絵が。今年は10月22日に行われました。
IMG_1861.JPG

『古代チベットの女神ちゃん』に案内していただき、京都の街中をブラブラ散策します。

わ〜い、京都にいるのよ〜♪
IMG_1863.JPG

IMG_1865.JPG

古い建物も新旧いりまざっておしゃれなお店に。
IMG_1872.JPG

IMG_1874.JPG

IMG_1875.jpg

町家を改装して、あらモダンなお惣菜屋さん。
IMG_1871.JPG

IMG_1870.JPG

いろんな種類の足袋が、、、さすが京都の足袋屋さん。
IMG_1877.JPG

美空ひばりさんが京都に来たら必ず立ち寄ったという喫茶店
IMG_1869.JPG
懐かしい味のホットケーキをいただき♡
IMG_1867.JPG

千枚漬け、蜂蜜、フランス焼き菓子、和菓子、、、、
イノダコーヒー本店では、『アラビアの真珠』というエキゾチックなコーヒーをいただき、
あ〜京都はなんて美味しいの♡
IMG_1878.JPG

『古代チベットの女神ちゃん』の『京都・路地裏歩き』案内に感謝です〜。

そして道すがらの額縁屋さんで、、、、
『バラの女神ちゃん』がウィンドウの真ん中に飾ってある絵を見つけたのです。

『この絵ね〜大好きな絵で、ルーブルで小ちゃいのを買って来たのよ。この絵の羽は蛾の羽みたいだけどフランス語では蛾も蝶も同じ、パピヨンって言うの。』

あら〜〜〜!その絵は、ノーテンキさんの大好きな『エロス(アムール)とプシュケ』の子ども版の絵ではありませんか!(ウィリアム・アドルフ・ブグロー『プシュケとアムール・子ども』)

http://miciodesign.sblo.jp/article/55658095.html?1416407518(ヴィジェ・ルブランそしてエロス=アムールとプシュケ)

『ちょっと見せて下さい』とお店に入ると、、、ノーテンキさんはある絵に釘付けになってしまいました。

思わず、お店の奥で額縁に銀箔を貼る作業をしていた男性に聞きます。

『あの絵は売り物ですか?』

『はい、絵の入っているものは販売しております。額は全てうちとこで手作業で丁寧に作らしてもろてるもんです〜』

京都らしいおだやかな口調で説明してくれはりました。



わ〜い、京都でマリア様と出会ったのよ!

その絵は、ノーテンキ漫画家が大好きな敬愛するラファエロの、『ベルヴェデーレ(牧場)の聖母』のお顔だけを金の額装にしてありました。

http://miciodesign.sblo.jp/article/68273000.html?1416407388(ラファエロのマドンナ見て来たのよ〜)


片手にマリア様の額の入った袋を持ち、ノーテンキさんがどんだけ幸せなルンルン気分で京都の町を歩いたかご想像してやってくださいまし。

ムフフ、わたしをヒプノに導いてくれたのも『バラの女神ちゃん』です。
今回もマリア様にお引き合わせ下さってありがとうね〜♡


京都で出会ったマリア様はね、今は那須のセッションルームで、優しい慈愛に満ちたお顔で見守って下さっています。

IMG_2004.JPG




ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト










posted by ミーチョにゃん at 23:28| Comment(0) | ノーテンキ旅(国内編)