2016年04月20日

東京の神楽坂デビュー〜♡

花咲く春っていいな〜。

那須ではもう田んぼに水が入って、田植えの準備。

水に映った農家は、春爛漫の桃源郷〜♡

IMG_5332.jpg


嵐の後の晴れやかな日に、神楽坂のレンタルヒーリングサロンで、ヒプノセラピーの初仕事をしてきました。

東京からのクライアントさんがわざわざ新幹線や高速バスでおいでくださるので、『そうだ、東京でもできるようにしよ〜』と思い立って、春分の日に登録してきたのです。

飯田橋からセッションに行く前に、『東京大神宮』で、天照皇大神・豊受大神・天之御中主神・高御産巣日神・神産巣日神・倭比賣命さまたちにご挨拶ね。東京のお伊勢さま。

IMG_5309.jpg

縁結びの神さま達がいらっしゃるので、若い女性が真剣に恋みくじに見入っていました。

IMG_5311.JPG

神楽坂のレンタルヒーリングルーム・パレットは、神楽坂を登りきったエネルギーの流れのよい場所にあります。

IMG_5313.jpg

今回は知り合いから紹介された男性のクライアントさんでしたが、幼少期から持ち越してきた心の傷が洗い流されて、爽やかな笑顔で帰って行かれました。

あ〜今日もまたお役に立ててよかったな〜。

向かいの白銀公園の藤棚の下で、幸せ気分で遅いランチをいただきます。

IMG_5315.jpg

神楽坂商店街の真ん中にある毘沙門天にもご挨拶。
『一人一人が力強く歩みを進められるよう、いつもお守り・お導き・お助けくださってありがとうございます』

IMG_5321.JPG

あれ商店街には、おパリの大好きなパン屋さん『PAUL・ポール』がある〜。
シトロンタルトと、スパイシーなフランスのパンを買って、超〜幸せ♡

IMG_5319.jpg


東京方面の方へのヒプノセラピーやレイキセミナーを、出張費なしでホームページ記載の料金で受けていただけるようにしましたので、ご縁のある方、ぜひお待ちしております。

レイキも今年バージョンアップしてリニューアルしたしね。
http://miciodesign.sblo.jp/article/174248605.html?1461159778

神楽坂って楽しい所よ〜♡



ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト
















posted by ミーチョにゃん at 22:38| Comment(0) | ヒプノセラピー

2015年03月13日

ヒプノセラピーは、どんどん熟成していくの♡

昨年の2月に、会津でヒプノセラピーを受けられた郡山のE様は、その後、大きな人生の転機があり新たな出発を迎えられました〜、祝♡

http://green-mist.com/category/voice
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』お客様の声

セッションの半年後にいただいたメールを紹介しますね^^

『ヒプノセラピー、前世療法は面白いなー、と思うのは、フミ子さんもおっしゃっていた通り、たった1度だけでも、受けた後、自分の中でどんどん気づきが深まるところです。
まるで、フツフツ音を立てながら何かが発酵していくのとそっくりです!
いや、実際に発酵しているんでしょうね。

あの古代ローマの過去世が出て来た事、実はかなり意外な感じだったのですが、テーマはやはり、
『ありのままの自分を愛する』
そして、「人は誰でもありのままの自分で天から愛されている」でした!
(と、私のハートが申しておりますw)

IMGP2095.JPG

「ありのまの自分を愛する」は、スピリチュアル系の世界ではあまりにもセオリー通りの言葉ですが、
やはり、どこまでも奥が深くて、すべてに通ずる言葉だなあ…と、つくづく思いました。

今、私は、ありのままの自分を結構愛しているんじゃないかな〜、と、感じます。
あとは、ありのままを愛する視点の偉大さ?と申しますか、なんと申すべきかわかりませんが。
まだまだ言葉を尽くしたい感じがしますが、とりあえずはこの辺に致します^_^;

ホームページも新しいヒーリングサロンも、楽しみにしております(^_^)
取り急ぎ、で、失礼致しました!
ごきげんよう(^^)/~~~』


ブログ掲載の了解をいただきましたので、ローマ時代の『前世』へと、お導きしますね^^



『ヒプノセッションで知りたい事は・・・今の胸の重苦しい痛みの原因は?人間関係でとても気に病む自分がいるのです』


降り立った前世は・・・ローマ時代

IMGP2097.JPG

がっしりと引き締まった筋肉質の身体、白い衣装に紺のマントを羽織ったローマ兵、31才の『カエサル』
ピンクベージュの大理石の家で、信頼できる先輩『ルシウス』らローマ兵の仲間達と住んでいる。

兵士の家系に生まれたカエサル。幼い頃、家の前でチョークで絵を描いて遊んでいるカエサルに、ローマ兵の父は、たくましい兵士に育って欲しいと願っていた。

16才・・・カエサルの目の前に甲冑を着た指揮官が、とてもきびしい顔をして立っている。
『もっと、しっかりしろ!鍛え直してこい!』
少年兵のカエサルは、何をやらかしたんだろ?ナンで怒られるのかわからず、あわてた顔をしている。

芸術を愛したり、思索にふけったりと、兵士らしからぬ事が好きで、ボ〜ッとしているカエサルを指揮官は怒っていたのだ。

『長男だから兵士になったけど、自分は兵士になりたくなかった。規律がきびしい。きっと平和で夢見がちで楽しい事が一番好きな事だと思う。決してローマ兵のような、支配、規律にがんじがらめの事は好きでない。外をボ〜ッと眺めたい。それが好き』と言うのがカエサルの本当の思い。でも、彼は、そんな自分の思いに蓋をしているため、あまり気づかない。

40才・・・異国のオアシスの光景を窓辺で風に吹かれて眺めている。ローマが支配していた小さな属国にたった一人で派遣された。兵士仲間はいなくて、一人で孤独だ。

IMGP2344.JPG

56才・・・狭い薄茶色の家で独りぼっちでいる。顔色悪く病気。もうすぐ死ぬと分かっている。
兵士としての生命は終わり、人生ももう終ろうとしている。
『幸せでないまま、こんな人生の幕を閉じてしまう』と、楽しくないしょぼくれた人生を後悔している。

カエサルとして生きた人生を振り返って・・・生き生きできなかった。型にはめられたまま、幸せと思わないで一生を終えてしまった。家族にも恵まれず、うつろ。生きた意味がない。
たとえ逃れられない運命でも、いろんな人生を謳歌出来たかもしれない。

Eさま『今世の自分もまだブレが多くて、自分本来の生き方ができていない。でも、カエサルの人生と違って、今回はなんでも自由に選択出来る時代と国を選んで生まれて来たのだから、これだ!という魂の使命を見つけて取り組んで行きたいと思いました』

カエサルには、『大変な一生でしたね。幾らでも選択できたんだわ。それを2度と繰り返さないで、わたしは何倍も自由に、カエサルの元を取るくらいに主体的に生き生きと楽しんで行くね』

カエサルから、『そうだね、僕は生き生きと生きられなかった。時代のせいもあったし、、、でも一生貫いたから。これはこれで魂の経験として必要だったんだよ。人間としてみれば幸せな人生とは言えなかったけれど、魂にとっては無駄な学びなんてひとつもないのだから。この事を栄養として生かして、いい人生をね。僕は君だからね』というメッセージを受け取りました。

カエサルの末期のような、重苦しい現在の胸の痛みをカエサルに持って行ってもらい、カエサルにしか出来ない『本来目に見えないもの、美しい物を楽しみ、詩や絵や哲学を解するアーティスティックな才能』をいただいて、セッションは終りました。


前世療法で潜在意識が出して来てくれた『過去世の自分』は、セッション後も、クライアントさんの応援団となって大きなエールを送ってくれているようです。ヒプノセラピーはステキだな〜♡

IMG_0980.JPG





ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
ノーテンキ漫画家のもう一つの顔
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト



posted by ミーチョにゃん at 22:22| Comment(0) | ヒプノセラピー

2014年12月09日

喜びの島、サントリーニの前世療法〜♡

6年前に訪れた、大好きなギリシャのサントリーニ。

IMGP2447.JPG

どこまでもまっ青な海と空、そして岸壁にくっつくように建っているまっ白な家並み。

IMGP2391.JPG

滞在している間、ノーテンキさんは島の中にあふれている喜びのエネルギーに満たされて、帰りたくない〜って心から思ったのでした。

そして、ヒプノセラピーのおかげで描けた『サントリーニのイラスト』

http://miciodesign.sblo.jp/article/77529509.html?1418126279
(会津のアトリエでサントリーニ再開だよ〜)


そ〜したらね、、、、ノーテンキさんと同じようにサントリー二で至福の経験を味わった方から、ヒプノセラピーの『前世療法』の申し込みがあったの!

『サントリーニ』『前世療法』の検索でヒットしたこのブログを見て、ぜひに!と東京から那須のセッションルームへおいで下さいました。



『今の仕事が一生のものと思えない、ナニをしに生まれてきたのかな?、、、』・・・・催眠にはいっていきました。

☆入った前世は、、、、

泥だらけのはだしの足。毛皮を身につけて土の地面に立っている17、8才の女の子。
手も顔も泥だらけ。名前は『ヤー』

IMG_9246.JPG

ジャングルの中、小さなわらぶき家の扉のない穴を入っていくと、弟や妹が7人いる。
父は遠くに働きに行って、母も農作業でいない。

赤ん坊から14才までの、7人の弟や妹の世話をして、弟妹達に母親のように慕われているヤー。
でももうすぐお嫁に行くのが決まっているのです。

相手は一度も会った事がない人。父が勝手に決めて来た。『みんなそうだから仕方がない』

23才のヤー、結婚して新しい家に3才の女の子と産まれたばかりの女の子といる。
旦那さんは狩りに行っている。『神経質でちょっと好きでないが、仕方がない』
跡取りが必要なのに女の子ばかりだから周りから攻められて辛いヤー。
とても寂しい家で殺伐としている。

43才のヤー、家で病気で寝ている。子どもは5人。
上の2人の女の子が看病してくれているけど、むなしさを感じている。『主人はすごく冷たい人で自分を子どもを産む機械としかみていない。なんの為に生まれて来たのか、何も自分の意志で行動できなかった』とすごく後悔して亡くなります。

ヤーの人生を振り返り、、、メッセージを受け取り、、、、セッションは続きます。

ヤーの人生を見終わって、、、、ヤーがもう一つの人生を見られる時間を作ってくれたようです。

『わたしの事は分かってもらえたらよいから、彼女のこれから先に役立つ、明るく輝いていた過去生を見せて欲しい』と。


『では、サントリーニでの、至福の滞在の訳が分かる前世を見てみましょう』

IMGP2440.JPG

降り立った前世は、、、、

海が見える所、エーゲ海。すごく清々しい気持ちでいる。紀元前400年。
その頃はサントリーニと呼んでいなかった。

ギラギラした目に、金に近い茶色のクリクリの髪とあごひげ。

40才の『へファイン』は、島の神殿で、病気の人にマッサージするのを指導している優秀な治療者。

『すごく仕事が楽しくて、とても充実している』

大好きな奥さんとお嬢ちゃん2人と暮らしている。

一番幸せな時は、『仕事をしている時と、家族みんなでご飯を食べている時。満足を100としたらそれ以上に情熱的に生きている』

島で一番好きな所は、海に面したゴツゴツした岩の高い崖の上。一人で夕陽をながめながら瞑想している。
『すごくおだやか。いつも忙しいからたまに一人になって自分の考えをまとめたり、何にも考えない時間を作っている』

70才になっても、体力に合わせて100くらいの情熱で仕事をしているへファインは、人生の最期、家族や弟子達に見守られて昇天していきます。

へファインからクライアントさんへのメッセージ。

『一生はあっという間。情熱を傾けて無駄がないようにな。家族や仲間を大切に』

そして『情熱の炎』をいただいて、セッションを終えました。

IMGP2424.JPG


東京に帰られた『サントリーニさん』から嬉しいメールが〜♡
一部抜粋しますね。


『本日はとても素敵な時間をありがとうございました!今でもセラピーの事を思い出すとじわ〜と温かいものを感じます。

ヒプノセラピーは前々から興味がありましたが、イマイチ胡散臭い、、と思ってしまいなかなか受けず終いでした。しかし今回いろいろなご縁がありホコヤマさんのところへ辿り着き、勇気をもって受けてみて本当に良かったと思います。

セラピー中は全身が温かく重くなる感じで心地よくて、眠っているのとは違うけど、終った後にすごくスッキリした感じがしました。

しかし、ヤーが悲しんでいる時は本当に手足も冷たくなり凍えるような感覚になったり、亡くなる瞬間は少し息苦しくて一瞬、『早く楽になりたい!』と思ったりとても不思議でした。

何より不思議だったのは、一生懸命に過酷な時代を生きたヤーと対話した時に涙が溢れてきた事です。

浄化の涙だったのでしょうか?嬉しいような悲しいような、とても不思議な涙でした。
でも精一杯大変な時代を生き抜いたヤーに『ありがとう!』って言いたくなりました。

その後のもう一つのサントリーニでの前世も面白くて!
まさか自分がヒゲボーボーの毛むくじゃらのおじさんだったなんて、ビックリしてついつい笑ってしまいました(笑)

サントリーニに行った時に懐かしくて幸せな感覚になった理由がよく分かりました。
サントリーニは私が情熱を燃やす事ができた場所だったのですね。

素敵な家族や弟子に囲まれて幸せな記憶が残っていたから、実際に行ったサントリーニも居心地が良かったんだと思いました。

あの後ふと思い出しましたが、夕日で瞑想している時にいた場所はサントリーニのスカロスロックにとても似てたなぁと。
やっぱりあの島はエーゲ海のどこかだと思ったけど、サントリーニだったかも知れません。

またヤーの時も、身なりは原始人に近いけどそこまで原始的な感じの生活でもないし、自分や周りの人の顔立ちもそこまで猿っぽくなかったなぁと先程インターネットで調べていたら、縄文〜弥生時代の縄文人の濃い顔がセラピー中にみた顔にそっくりでびっくりしました!
もしかしたら、そのぐらいの年代の自分だったのかもしれませんね♪

言葉にするのは難しいですが、まさに魂が洗われた感じがしました。

自分は一人ではない、今まで色々な前世の自分の思いを背負って今を生きているんだな、そして会いたければいつでも前世の自分が助けてくれそうで心強くもありました。

本当にホコヤマさんからヒプノセラピーを受けてよかったと思います』


こちらこそ、、、サントリーニ・ラブ♡人間ですので、『サントリーニさん』の前世に寄り添う事ができてとても嬉しく思いました。このご縁に感謝します。ありがとうございました。

東京からセッションを受けにおいでの方は新幹線・那須塩原駅か高速バス停まで送迎いたします^^

http://green-mist.com/hypno
(グリーンミスト・ヒーリングサロン・ヒプノセラピー)

IMGP2442.JPG



ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト


http://green-mist.com
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト




























posted by ミーチョにゃん at 20:56| Comment(0) | ヒプノセラピー