2014年01月16日

歳の神から無病息災のおすそ分け〜♡

きのう、通りすがりの村のじいちゃんから、16日に『歳の神(さいのかみ)』があると聞いたノーテンキ漫画家。

IMG_8302.JPG

http://miciodesign.sblo.jp/article/85417400.html?1389884487 (冬のきれいちゃんと、楽しいちゃん達)


好奇心おう盛なノーテンキ頭が行かない訳ないよね〜^^

お〜、やってるやってる♪ 右の道路には消防自動車が待機してるね。

IMG_8331.JPG

IMG_8361.JPG

はやる心で雪の田んぼを歩いて、『こんばんは〜、見せてもらえますか〜?』

『どうぞどうぞ〜』

快く受け入れられて、『お神酒をどうぞ』とお神酒までいただき、ついでにあつかましくも会津で『歳の神』を逃したノーテンキ家のお札を出して、『燃やしていいですか〜?』『どうぞどうぞ』・・・・お札もボンボン燃える炎に包まれ、、、、

IMG_8339.JPG

『寒いからどうぞ火にあたってください』・・・・『歳の神』の炎にあたって来たよ。

やった〜、これで今年は無病息災! みんなにもおすそ分けするね〜♡

村の人たちはそれぞれ長い棒の先に網をつけて、炎の中に入れてスルメや餅を焼いています。いいな〜、昔と同じだ〜、、、、。

IMG_8354.JPG

『どうぞどうぞ』と焼きたてのスルメイカやお餅までごちそうになって、

IMG_8381.JPG

今日は、オ〜なんてステキ♡ 満月の『歳の神』よ〜。

IMG_8376.JPG

雪の天気予報だったけど、お月様が顔を出してくれて、オリオンやシリウスや木星まで、雲の間から『歳の神』をご覧になっていました。

IMG_8373.JPG

かっこいいね〜、さすが火の扱いは慣れてらっしゃる。消防の人たちが火かき棒で火をかきまぜると、炎が大きくなります。

IMG_8343.JPG

ここに来る途中、田んぼのあちこちで『歳の神』の炎が赤々と燃え盛っていました。

喜多方市熊倉付近、『このあたりは毎年1月16日に『歳の神』をやるんだ〜』と消防さん。

IMG_8384.JPG

いいな〜、炎を見てワクワクするのは人間の本能だべか?

飛び入り参加した見ず知らずのわたし達を快くまぜてくれて、お神酒やスルメや餅をおすそ分けしてくださった村の人たち。

『満月の歳の神』・・・・・心と身体にともったあったか〜い炎の余韻は、家に帰ってもジワ〜ンと妙に懐かしく続いています。

雪国っていいな〜♡



ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト

http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト



















posted by ミーチョにゃん at 23:32| Comment(0) | 会津の美しいとこ

2013年09月15日

ノーテンキさんの夏

6月からズ〜ッと会津に潜伏していたノーテンキ漫画家。

IMG_6105.JPG


きのう3か月ぶりに上京して、『前世療法の歴史とエドガーケイシー』の講演会に出席してきました。

講師は『光田 秀』さん(『日本エドガー・ケイシー・センターの』会長・エドガーケイシー研究家)、
http://edgarcayce.jp

『村井啓一』さん(わたしのヒプノセラピーの大先生『日本ホリスティック・アカデミー』の代表)。
http://www.jh-academy.com/course/index.html

『宮崎ますみ』さん(美しい女神のような、わたしのヒプノセラピーの先生、『ヒプノウーマン』『ヒプノ赤ちゃん協会』代表)
http://hypnoakachan.com/schedule/   
の司会進行で、

エドガーケイシーとヒプノセラピーの、共通する面白〜いお話で、爆笑につぐ爆笑の楽しい講演会でした。

ハ〜ッ、久々に心から笑ったわ〜。

ヒプノセラピスト仲間とも久々の嬉しい再開を喜び、日帰りの新幹線で帰ってきました。

フム、久々に脳細胞が活性化したわい。

嬉しい『ノーテンキ・プロジェクト再開』の予兆です。


全く自分のやりたいことが何か月もストップしたままの毎日に、さすがのノーテンキ頭もブルーになってしまったけど・・・全ては宇宙の思し召し。

『今を受け入れるのよ〜、流れに逆らわずにね。これはあなたにとって大きなギフトなのよ〜』

と、瞑想するたびに同じメッセージがやってくるけど・・・生身の人間だもん、どうしても逆らうし、つまんなくなるし、悲しくなっちゃう。

そんな時、『元気を取戻しなはれ〜』と励ましてくれたのが、会津の豊かな自然・力強い真夏のエネルギー溢れる緑の山々や湖、神社の神様たちでした。

で、ノーテンキ漫画家が過ごしたこの夏の思い出を、いっきに公開するね。


6月 うちの一番ちっちゃい子供、『シャノンちゃん』も連れて会津へ・・・まさかこんなに長逗留になるとは・・・

IMG_5520.JPG

母の入院・手術に、『大丈夫』とは思ったけど、年が年だし、、、、病院に行く途中、ス〜ッと割り込んできた車のナンバーが、『8847』・・・『母よ〜なる』うん、お母さんは大丈夫だ!元気に退院できる!

こんなところにあちらの世界からのメッセージが来るから、ボ〜ッと見逃さないで、アンテナ張ってうまくキャッチするのね。

病院は行くだけで疲れます。帰りにちょっと足を延ばして・・・大好きな田園の眺め(雄国沼の入口の麓から)で、エネルギーチャージ。

IMG_5561.JPG

お祭り大好き♡

神明神社のお神輿。
祭りばやしに、ワクワク血が踊るのは、エッ?年甲斐もなくって?・・い〜じゃありませんか。
天照大御神さま、またお世話になっております。

IMG_5909.JPG

裏磐梯の、静寂に包まれた沼。

IMG_5672.JPG

きれいな蝶がヒラヒラやってきて・・・アムール(エロス)とプシュケ・・蝶は『神の愛と人間の愛』の象徴よ。ありがと〜 ♡
http://miciodesign.sblo.jp/article/55658095.html?1379234810

IMG_5674.JPG

空を眺めるのが大好きなノーテンキさんは、雲や夕日からも笑顔をもらいました。

IMG_5611.JPG

ゴジラ雲・・♪ダカダン、ダカダン、ダカダカダカダン♪
(映画『ゴジラ』のテーマソングをBGMにしてね。ナニ?古すぎて知らないって?)

IMG_6107.JPG

柳津の虚空蔵さまへ。

行く途中の雲が・・・観音様や仏様や天部衆たちがたくさんいらっしゃるような・・・あの〜、心の目で見てね。

IMG_6120.JPG

コクゾウさまは石段を登った上にあって、見晴らしがよいのです。

IMG_6130.JPG

ウサギのわたしの守り本尊、『文殊菩薩』さまもいらして、うれし。

IMG_6134new.jpg


会津坂下にある、金塔山恵隆寺(きんとうざん・えりゅうじ)『立木観音』へ。

IMG_6147.JPG

ちょうど御開帳していた『立木観音』さまとお会いします。

あれ?・・『11面観音と千手観音』が合体した観音様です。

平安時代、808年に開眼されたという8,5メートルもある立派な美しい観音様。一木彫りの、床下に根っこがあるというおみ足を有難くスリスリします。観音様ができてから、そこにお堂を建立したそうな。

しっかりと地球にグランディングされて、わたし達を導いていらっしゃるんだわ。

あら〜皆様方も美し〜!

背中に羽を付けた迦楼羅もいるし、帝釈天も阿修羅も、、、等身大の28部衆や風神・雷神、がズラ〜ッと観音様の両脇に勢ぞろい。美しい衣の模様まで、色彩豊かに残されています。

さっきの雲は、やっぱりあなた達なんですね〜♡

お導きありがとうございます〜。

こんな感じで、心の目と大いなる想像力(うふふ、妄想力かも)があれば、楽しさ、嬉しさが倍増するので・・エ〜興味のある方、あほくさいと思わない方は、ぜひやってみて。


磐梯吾妻スカイラインが7月末から無料化されたので、ちょっと足を延ばして、『浄土平』まで。
震災の後、火山活動が活発になったらしく、シュ〜シュ〜白い煙。

IMG_5990.JPG

昔よく歩いた一切経までの登山道は、ガスを吐いている近くなので、通行禁止になってました。

IMG_6282.JPG

吾妻小富士を登ります。

IMG_6286.JPG

山はかなり秋模様。

IMG_6303.JPG

稲もたわわに実ってきました。

IMG_6245.JPG


9月はじめに、久々に『猫の秘密』のミュージック紙芝居を公演し、
(郡山で開催された『会女・葵高校郡山支部』の同窓会)

IMG_6190new.jpg

さ〜、ノーテンキさん!

会津で大いなる夏エネルギーをチャージしてもらい、そろそろ活動再開です!♡



ノーテンキ漫画家のホームページを隅々見てみると、とっても暇つぶしになってナニか面白い発見があるかもよっ!!♡

楽しんでね〜♡

http://www.miciodesign.com/
『ノーテンキ漫画家』のサイト

http://green-mist.com
レイキスクール&ヒプノセラピー
『グリーンミスト・ヒーリングサロン』のサイト


















posted by ミーチョにゃん at 15:26| Comment(0) | 会津の美しいとこ